FC2ブログ

Poco a Pocoについて

Poco a Poco はお子さんの心と体の相談室です。

ちょっと違うのは「栄養」面からサポートするところです。
朝起きられない、風邪を引きやすい、家に居るときはいつもゴロゴロしている。
集中力がない、落ち着きがないと言われる、お友達とうまく遊べない。

こういった症状は「栄養が足りない」ことが原因になっている場合が多いです。

そんなばかな!きちんとご飯を食べているし、手作りのおやつを作っているし!

実は精製された食品が増えている現代では「ビタミン」「ミネラル」を十分に摂ることが難しくなっているようです。


Poco a Pocoでは、お1人お1人異なる「必要な栄養」が摂れるお食事と生活習慣の変更を提案させていただきます。


昔、中学生のとき、吹奏楽部にいました。フェルマータ とかアンダンテ とか、音楽の用語が面白かったです。
Poco a Poco(ポコ ア ポコ) は だんだんと すこしずつ という意味。

栄養が体の中で働くためには「時間」が必要です。
これを飲んだら、これを食べたら、すぐに良くなる・・というものではありません。

でも栄養は副作用も無く、少しずつ、確実にお子さんの心と体を育てます。
ちょうど、季節がいつの間にか移っていって、冬から春に変わるように・・・。

ゆっくりと、時間をかけて、お子さんの成長をお手伝いしたいと思います。

   Poco a Poco    代表 加賀瀬 みどり


ぽこちゃんず

スポンサーサイト

カウンセリングルーム 2018年 4月からの予定

「カウンセリングルームPoco a Poco」の2018年4月からの予定をお知らせします。

場所
4月より、上田創造館の研修室、塩田のリサーチパークの研修センター等を借りることになりました。会場は予約時にお伝えします。

日時     
   月~木は午後2時以降、金曜日はいつでも。
(代表が用事で開けない日がたまにあります。メールでお問い合わせください。) 
  土曜日、日曜日をご希望の時はご相談ください。

実施時間  
   10:00~18:00です。遅い時間が良いという方はご相談ください。

申込み方法 
   baitoong-47@ezweb.ne.jp    までメールでお願いします。ご希望の日と時間をお知らせください。折り返し調整と確認のためのメールを差し上げます。完全予約制です。


料金     
   初回 2,000円(問診等で2時間くらいかかります) 2回目からは1時間1,000円です。
 

Poco a Pocoは2016年より、子どもさんだけでなく、お母さんや働く女性の栄養サポートもしております。
心や体のお悩みを気軽にご相談ください。秘密は厳守いたします。



子どもさんが発達障害かも?と思った時に

おうちの方が、この子は発達障害かも?と思った時、こんなことに気をつけてほしいです。

1 低血糖症ではないか?
  「低血糖症」のカテゴリーを読んでみてください。

→過去の記事「低血糖症」
  感情の起伏が激しい。調子に乗って大騒ぎをするかと思えば、急に落ち込む。
  ちょっとしたことで怒りを爆発させる、切れやすい。
  これは、低血糖症の症状の1つです。糖質に片寄った食生活をしていないでしょうか?

2 鉄欠乏性の貧血ではないか?
  「貧血」のカテゴリーを読んでみてください。
→過去の記事「貧血」
  鉄欠乏性の貧血は体のだるさや疲れやすさ、風邪を引きやすいなどの症状と共に、精神面でも問題が出ます。
  頭がうまく働いていない、という感じでしょうか。注意力が散漫であったり、人とのやりとりがうまくできなっかたり、発達障害と診断されるような症状が現れることがあります。

3 コレステロール値が低くないか?
  「コレステロール」のカテゴリーを読んでみてください。
→過去の記事「コレステロール」
  コレステロールの低い子どもは、落ち着きが無く衝動的な行動をすることが分かっています。
  発達障害と診断された子どもでも、EPAやDHAを補給することで、かなり脳の機能が改善するそうです。
  「脂質」のカテゴリーも読んでみてください。
→過去の記事「脂質」

4 グルテンやカゼインにアレルギーが無いか?
  「アレルギー」のカテゴリーを読んでみてください。
→過去の記事「アトピー・アレルギー」
  小麦粉に含まれるグルテンや乳製品に含まれるカゼインを止めることで、自閉症の症状が改善するという話をよく聞きます。
  実はグルテン、カゼインアレルギーだった、ということもあるかもしれません。

「発達障害」はおそらく1つの原因で起こるものではないだろうと思います。人それぞれ、この子はこういう原因だけれど、あの子は別の原因。もしくは幾つかの原因が重なり合って起こっているように思われます。
もしも上に書いた4つのことが原因であれば、「栄養を補給する」ことで改善できると思います。


ぽこちゃん

ビタミンD欠乏症のこと

テレビ欄を見ていたら、久しぶりにNHKの番組「ドクターG」が始まったことを知りました。

以前にも書いたのですが、私は「ドクターG」が好きで、よく見ていました。
最近やらないなあ、と残念に思っていたので、早速見ました。

いつもと同じように、まず症例から見ていきます。

31歳の女性、アパレルの店長になるが、体調不良になる。

いつも疲れている感じがする。
重い荷物を持って階段を上るのが辛い。
腕や足が上がらない、力が入らない感じ。
店員との人間関係が難しく、怒りで声が出なくなったことがある。
結婚を控えているが、つまらないことでイライラして彼氏とうまくいかない。
ともかく、一番の主訴は「いつも疲れている」。

これだけ見ると、「ストレスによる疲労」と思われそうですが、
少しずつ掘り下げていって、女性に多い「自己免疫疾患」ではないか、というところまでいきます。

私も一緒になって推理して、「やっぱり自己免疫疾患かな~」と思ってきました。

ところがどっこい、ドクターGは患者さんの歩き方や、胸部を診察して肋骨のあたりに痛みがあることに気付きます。

「これは骨の病気です。」


ドクターGは彼女の生活習慣(ほとんど外に出ない、外に出る時は日焼けしないようにきびしくガード)や、食事の傾向から「ビタミンD欠乏症」を疑います。

そして、体内のビタミンDを測定して、欠乏症と特定します。

ビタミンDは太陽光線を浴びることで、体内で合成されるビタミンです。

赤ちゃんを日光に当てないとビタミンDが不足して、「くる病」という骨が変形する病気になるということを多くの人はご存知だと思います。

ところが今は、大人が「くる病」になるんですね。

番組の中でも、「太陽光を浴びると皮膚がんになるのではないか」という意見が出ていました。
ドクターGは、「長時間日光を浴びなくても、15分~30分くらい、手のひらだけでもいいんです」と言っておられました。

私は、がんの心配と言うよりも「美白追求」があるんじゃないかな、と思いました。

だって彼女はアパレル業界の人で、おしゃれに綺麗にしていないといけません。
日焼けなんてとんでもないことです。

実際、最近の女性の「日光に当たらない」ための努力ってすごいものがあります。
日焼け止めをバッチリ塗って、帽子にマフラー、マスクにサングラス。おまけに手袋。

先日も郵便局まで歩いて行ったら、すれ違った人に「あら、こんにちは」と声を掛けられましたが、だれだか分かりません。
目しか出てないんですもん。

じーっと見たら、近所の奥さんでした。
ウォーキングしているんだそうですけど、がっちりガードしているので、ほとんど「ミイラか!」という感じでした。

以前はビタミンD欠乏症というと、「夜のお仕事」の方がなりやすいと聞いたことがありますが、今では多くの人がなる病気かもしれませんね。

あともう少し、TVの内容に付け足したいと思ったのは、
ビタミンDは太陽の光を浴びると、体内のコレステロールを原料にして作られる、ということです。

番組の中では、彼女が「きのこ料理と魚料理が苦手」という点を指摘して、「この食材にはビタミンDが多く含まれています」という話でした。

それもそうなのですが、体内のコレステロール値が低いと合成される量も少なくなるのではないでしょうか。

番組の中で、彼氏が「野菜と豆腐ばっかりじゃあ、ちょっと・・・」みたいなことを言って、ケンカになるシーンがありました。
結婚式のためにダイエットをしているそうです。

こんな女性もいっぱいいるでしょうね。

コレステロールの材料になるような、タンパク質や脂質はダイエットの大敵ですからね・・・。

こうしてみると、「女性のビタミンD欠乏症」は実はかなり多くなっているのではないでしょうか?


「残念和食にもワケがある」 を読んで思う事

さて、なかなか興味深い本を読んで私が思ったことなどを書いてみます。

前回も書きましたが、私も結婚前は料理らしいものを作ったことがありませんでした。
私の母はご飯を作るよりも勉強しなさい、という感じで、娘に料理を教えることに熱心ではありませんでした。

私は結婚して10年くらい、子育てをしながら専業主婦をしていました。
実家が遠い上に、自分の健康に自信が無かったので、ゆっくり子育てして、子どもが大きくなってからやりたいことをやろうと思って、のんびりと生活を楽しみました。

料理ができなくて、本を見たり、テレビの料理番組を見たり、ママ友とレシピを教えあったりして、少しずつレパートリーを増やしていきました。
家の前に畑があって、そこのおばあちゃんと友達になって、野菜を貰ったり、ついには教えてもらって自分で野菜作りを始めました。
野菜作りは奥が深くて、その後家を建ててからも、隣の畑を借りてずっと続けています。

今思えば専業主婦の時代はとても大切なものでした。
家族がおいしいと言ってご飯を食べてくれることが嬉しかったし、収入が少ない分、やりくりする工夫も覚えました。
かつお節や煮干しなどでだしを取ることも、いろいろ試しながら自分で工夫しました。

当時は外食すると高くつきました。
今みたいにファミレスやコンビニがいっぱいあるわけではなかったので、「とりあえず家で作って食べる」のが普通でした。

それに、夫も私も、外食(安いお店ですね、特に)の化学調味料の味にどうしてもなじめませんでした。

ハンバーガーとかフライドチキンも「味がなんか気持ち悪い」と思って、家族で行くこともめったにありませんでした。

いつの頃からか、外食、中食が家庭の中に入って来たのでしょうね。
味の基準は外食の味付け。
献立もファミレス風になるのは、自然の成り行きのような気がします。
ママ友との情報交換も「あの店が安くておいしいよ」というものになっているのでしょうね。

だから、私がいろいろと食事の事を言っても
「はあ、めんどくさい」
「そこまでしなくちゃいけないの?」
という気持ちになるんだろうなあ。
この本を読んでそう思いました。

「子ども相談室に行ったけど、無理。私にはできない。」
となって、それっきり来ない、という人が多いんだろうなあ・・・。

実は食事を変えることですごく変化があるのも確かなのです。
それをどうやって受け入れられるようにするか。

色々と考えております。


プロフィール

poco a poco

Author:poco a poco
加賀瀬みどりです。愛知県出身の60歳です。上田に家を建てて20年近く。高校の講師を19年間続けてきました。2015年7月より上田市内で「子育てカウンセリングルーム」を開設しました。自分の家族の体験から栄養の大切さに気づき、「栄養療法」の勉強を続けてきました。この勉強はかれこれ9年になります。今までの考え方を覆すような驚きの連続でした。勉強したことを生かして、子育てに悩むお母さんがたの手助けをしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
来室数
あなたは
検索フォーム
QRコード
QR
参考リンク
参考図書
おすすめ商品