Poco a Pocoについて

Poco a Poco はお子さんの心と体の相談室です。

ちょっと違うのは「栄養」面からサポートするところです。
朝起きられない、風邪を引きやすい、家に居るときはいつもゴロゴロしている。
集中力がない、落ち着きがないと言われる、お友達とうまく遊べない。

こういった症状は「栄養が足りない」ことが原因になっている場合が多いです。

そんなばかな!きちんとご飯を食べているし、手作りのおやつを作っているし!

実は精製された食品が増えている現代では「ビタミン」「ミネラル」を十分に摂ることが難しくなっているようです。


Poco a Pocoでは、お1人お1人異なる「必要な栄養」が摂れるお食事と生活習慣の変更を提案させていただきます。


昔、中学生のとき、吹奏楽部にいました。フェルマータ とかアンダンテ とか、音楽の用語が面白かったです。
Poco a Poco(ポコ ア ポコ) は だんだんと すこしずつ という意味。

栄養が体の中で働くためには「時間」が必要です。
これを飲んだら、これを食べたら、すぐに良くなる・・というものではありません。

でも栄養は副作用も無く、少しずつ、確実にお子さんの心と体を育てます。
ちょうど、季節がいつの間にか移っていって、冬から春に変わるように・・・。

ゆっくりと、時間をかけて、お子さんの成長をお手伝いしたいと思います。

   Poco a Poco    代表 加賀瀬 みどり


ぽこちゃんず

スポンサーサイト

カウンセリングルーム 4月からの予定

「カウンセリングルームPoco a Poco」の2017年4月からの予定をお知らせします。

場所
 HanaLab.Tokida 長野県上田市常田2-27-17          藤本つむぎ工房2階 (0268-75-5867)
 Hanalab.Unnno 長野県上田市中央2-10-15          千曲錦ビル(0268-71-2322)
   この二箇所どちらかご希望の場所をご指定ください。
Tokidaは駐車場がありますが、Unnoは有料駐車場となります。
日時     毎週 月曜日・木曜日・日曜日 
(代表が用事で開けない日がたまにあります。メールでお問い合わせください。) 
  日曜日をご希望の場合はTokidaになります。
実施時間  10:00~18:00です。遅い時間が良いという方はご相談ください。
申込み方法  baitoong-47@ezweb.ne.jp    までメールでお願いします。ご希望の日と時間をお知らせください。折り返し調整と確認のためのメールを差し上げます。完全予約制です。
料金     初回 2,000円(問診等で2時間くらいかかります) 2回目からは1時間1,000円です。
  Hanalab会員の方は半額です。

HanaLab.Tokidaは、信州大学繊維学部から合同庁舎に向かって200mほどのところにあります。
SEIYUを過ぎて、「まつたか眼科」の看板のあるT字路を曲がると、すぐ左に「藤本つむぎ工房」があります。
奥に駐車場があります。階段を2階に上がってください。
Hanalab.Unnoは、海野町商店街の真ん中あたり、「富士アイス じまん焼き」の一軒おいて隣りになります。有料駐車場をご利用いただくか、健康プラザに駐車いただくことになります。

Poco a Pocoは昨年より、子どもさんだけでなく、お母さんや働く女性の栄養サポートをしております。
心や体のお悩みを気軽にご相談ください。秘密は厳守いたします。

子どもさんが発達障害かも?と思った時に

おうちの方が、この子は発達障害かも?と思った時、こんなことに気をつけてほしいです。

1 低血糖症ではないか?
  「低血糖症」のカテゴリーを読んでみてください。

→過去の記事「低血糖症」
  感情の起伏が激しい。調子に乗って大騒ぎをするかと思えば、急に落ち込む。
  ちょっとしたことで怒りを爆発させる、切れやすい。
  これは、低血糖症の症状の1つです。糖質に片寄った食生活をしていないでしょうか?

2 鉄欠乏性の貧血ではないか?
  「貧血」のカテゴリーを読んでみてください。
→過去の記事「貧血」
  鉄欠乏性の貧血は体のだるさや疲れやすさ、風邪を引きやすいなどの症状と共に、精神面でも問題が出ます。
  頭がうまく働いていない、という感じでしょうか。注意力が散漫であったり、人とのやりとりがうまくできなっかたり、発達障害と診断されるような症状が現れることがあります。

3 コレステロール値が低くないか?
  「コレステロール」のカテゴリーを読んでみてください。
→過去の記事「コレステロール」
  コレステロールの低い子どもは、落ち着きが無く衝動的な行動をすることが分かっています。
  発達障害と診断された子どもでも、EPAやDHAを補給することで、かなり脳の機能が改善するそうです。
  「脂質」のカテゴリーも読んでみてください。
→過去の記事「脂質」

4 グルテンやカゼインにアレルギーが無いか?
  「アレルギー」のカテゴリーを読んでみてください。
→過去の記事「アトピー・アレルギー」
  小麦粉に含まれるグルテンや乳製品に含まれるカゼインを止めることで、自閉症の症状が改善するという話をよく聞きます。
  実はグルテン、カゼインアレルギーだった、ということもあるかもしれません。

「発達障害」はおそらく1つの原因で起こるものではないだろうと思います。人それぞれ、この子はこういう原因だけれど、あの子は別の原因。もしくは幾つかの原因が重なり合って起こっているように思われます。
もしも上に書いた4つのことが原因であれば、「栄養を補給する」ことで改善できると思います。


ぽこちゃん

引きこもりの食生活

気がつけば7月も後半になっています。
相変わらずバタバタと忙しく、ようやく久々にブログを書くことができました。

侍学園では、生徒と職員合わせて40人位の昼食を二人の調理員で作っています。
私は大量調理の経験は無いし、献立を立てることから始まって、食材の発注や買出しをやるのがなかなか難しいのです。

慣れた方にはどうってことはないのでしょうが、60歳まで高校生に国語を教えていた身としては、いろいろと大変であります。

もうじき1学期が終わり、夏休みに入ります。
この2ヶ月を振り返って、いろいろと考えることがありました。

サムガクの生徒たちは、思っていたより何でも食べてくれて、好き嫌いも少ないように思いました。
ところがある日。その日はスタッフ研修の日で、生徒はお休みでした。
スタッフがお昼を食べるので、私たちは寮に行っていつものように食事の用意を始めました。

生徒たちはぱらぱらと起きて、それぞれ何か作って朝ごはんにしているようでした。
見るともなく見ていると、Aさん、B君は何も具の入っていないインスタントラーメンを食べています。
Cさんは菓子パンを食べています。

ああそうか、と思いました。

私たちが作って供している昼食はそれとして食べるけれども、普段の彼らの食事はこれなのだ、と思いました。

例えば、ラーメンにキャベツでも刻んで入れて、卵を落とすとか、そういうことができるようになるには、まだまだ時間がかかるのだろうな、と思いました。

食は保守的なものです。
これで夏休みになって実家に帰ったら、みんな「いつもの食事」に戻ってしまうのでしょう。

「ちょっと野菜を増やさなきゃ」とか「栄養バランスを考えなきゃ」という意識を育てるのには、まだまだ時間と工夫が要りそうです。


そして、もうひとつ。
先日の連休に古い友人と会いました。
わたしが、生徒たちの食事の話をしたら、
「そうだよ~。うちの子ども、カップ麺と白いご飯しか食べないもん。」
「うちの妹もそうだわ。そういうものしか食べないよ。」

実はどちらも身内に「引きこもり」を抱えていたのでした。

どうやら、引きこもりの食生活は
インスタントラーメン
白いごはん
菓子パン
だけ!野菜も肉も卵もなし!
というもののようです。


遺伝子組み換え作物のこと

1カ月くらいブログが書けずにいます。
6月から働き始めた「侍学園 スクオーラ今人」というフリースクールの仕事が大変忙しくて、あっという間に6月が終わってしまいました。
フリースクールでの仕事については、またゆっくりと書きたいと思います。

今日は「遺伝子組み換え作物」の話です。

先日、生協の仲間と「遺伝子組み換えルーレット」という映画の上映会をしました。
そこで興味深かったのは、遺伝子を組み替えた種とセットで売られる農薬、「ラウンドアップ」のことです。
1回見ただけなので、しっかり確認したわけではないのですが、「ラウンドアップの成分は、キレートすることで効果を発揮する」と映画の中で言っていました。

キレートというのは、体内のミネラルなどをはさみのように挟んで体外に排出することです。
キレーションというのは、ある種のアミノ酸を使って、体内にある有害なもの(鉛など)を排出させる治療のことです。
ただ、キレーションは必要なミネラルなども排出してしまうので、ミネラルを補充しながら行わないといけないものです。

ラウンドアップに話を戻します。
ラウンドアップは書いたように、キレートをして他の雑草を枯らします。
枯れずに残っている遺伝子組み換え作物ですが、インドでは綿の栽培をして、収穫の後に牛に綿の木を食べさせたところ、牛がいっぱい死んでしまったそうです。

机上で考えているのと現実は違うのですね。
なんらかのミネラルのインバランスがあったのでしょうか?

遺伝子組み換え作物(小麦、とうもろこし、菜種、大豆などが主です)を食べることで、アレルギーやアトピー、癌、そして自閉症などの疾病が引き起こされるそうです。
そして、恐ろしいことには、とうもろこしや大豆などは家畜の飼料として輸入されているので、規制の対象ではありません。
とうもろこしから作る「果糖ブドウ糖液糖」はほぼすべてが遺伝子組み換えのとうもろこしが使われています。

口から入る食べ物、環境中にばらまかれる化学物質、これらはどうやって避けていけばいいのでしょうか?
ちょっと暗くなってしまいます。
プロフィール

poco a poco

Author:poco a poco
加賀瀬みどりです。愛知県出身の59歳です。上田に家を建てて20年近く。高校の講師を19年間続けています。2015年7月より上田市内で「子育てカウンセリングルーム」を開設しました。自分の家族の体験から栄養の大切さに気づき、「栄養療法」の勉強を続けてきました。この勉強はかれこれ9年になります。今までの考え方を覆すような驚きの連続でした。勉強したことを生かして、子育てに悩むお母さんがたの手助けをしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
来室数
あなたは
検索フォーム
QRコード
QR
参考リンク
参考図書
おすすめ商品