スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Poco a Pocoについて

Poco a Poco はお子さんの心と体の相談室です。

ちょっと違うのは「栄養」面からサポートするところです。
朝起きられない、風邪を引きやすい、家に居るときはいつもゴロゴロしている。
集中力がない、落ち着きがないと言われる、お友達とうまく遊べない。

こういった症状は「栄養が足りない」ことが原因になっている場合が多いです。

そんなばかな!きちんとご飯を食べているし、手作りのおやつを作っているし!

実は精製された食品が増えている現代では「ビタミン」「ミネラル」を十分に摂ることが難しくなっているようです。


Poco a Pocoでは、お1人お1人異なる「必要な栄養」が摂れるお食事と生活習慣の変更を提案させていただきます。


昔、中学生のとき、吹奏楽部にいました。フェルマータ とかアンダンテ とか、音楽の用語が面白かったです。
Poco a Poco(ポコ ア ポコ) は だんだんと すこしずつ という意味。

栄養が体の中で働くためには「時間」が必要です。
これを飲んだら、これを食べたら、すぐに良くなる・・というものではありません。

でも栄養は副作用も無く、少しずつ、確実にお子さんの心と体を育てます。
ちょうど、季節がいつの間にか移っていって、冬から春に変わるように・・・。

ゆっくりと、時間をかけて、お子さんの成長をお手伝いしたいと思います。

   Poco a Poco    代表 加賀瀬 みどり


ぽこちゃんず

スポンサーサイト

カウンセリングルーム 2018年 4月からの予定

「カウンセリングルームPoco a Poco」の2018年4月からの予定をお知らせします。

場所
4月より、上田創造館の研修室、塩田のリサーチパークの研修センター等を借りることになりました。会場は予約時にお伝えします。

日時     
   月~木は午後2時以降、金曜日はいつでも。
(代表が用事で開けない日がたまにあります。メールでお問い合わせください。) 
  土曜日、日曜日をご希望の時はご相談ください。

実施時間  
   10:00~18:00です。遅い時間が良いという方はご相談ください。

申込み方法 
   baitoong-47@ezweb.ne.jp    までメールでお願いします。ご希望の日と時間をお知らせください。折り返し調整と確認のためのメールを差し上げます。完全予約制です。


料金     
   初回 2,000円(問診等で2時間くらいかかります) 2回目からは1時間1,000円です。
 

Poco a Pocoは2016年より、子どもさんだけでなく、お母さんや働く女性の栄養サポートもしております。
心や体のお悩みを気軽にご相談ください。秘密は厳守いたします。



子どもさんが発達障害かも?と思った時に

おうちの方が、この子は発達障害かも?と思った時、こんなことに気をつけてほしいです。

1 低血糖症ではないか?
  「低血糖症」のカテゴリーを読んでみてください。

→過去の記事「低血糖症」
  感情の起伏が激しい。調子に乗って大騒ぎをするかと思えば、急に落ち込む。
  ちょっとしたことで怒りを爆発させる、切れやすい。
  これは、低血糖症の症状の1つです。糖質に片寄った食生活をしていないでしょうか?

2 鉄欠乏性の貧血ではないか?
  「貧血」のカテゴリーを読んでみてください。
→過去の記事「貧血」
  鉄欠乏性の貧血は体のだるさや疲れやすさ、風邪を引きやすいなどの症状と共に、精神面でも問題が出ます。
  頭がうまく働いていない、という感じでしょうか。注意力が散漫であったり、人とのやりとりがうまくできなっかたり、発達障害と診断されるような症状が現れることがあります。

3 コレステロール値が低くないか?
  「コレステロール」のカテゴリーを読んでみてください。
→過去の記事「コレステロール」
  コレステロールの低い子どもは、落ち着きが無く衝動的な行動をすることが分かっています。
  発達障害と診断された子どもでも、EPAやDHAを補給することで、かなり脳の機能が改善するそうです。
  「脂質」のカテゴリーも読んでみてください。
→過去の記事「脂質」

4 グルテンやカゼインにアレルギーが無いか?
  「アレルギー」のカテゴリーを読んでみてください。
→過去の記事「アトピー・アレルギー」
  小麦粉に含まれるグルテンや乳製品に含まれるカゼインを止めることで、自閉症の症状が改善するという話をよく聞きます。
  実はグルテン、カゼインアレルギーだった、ということもあるかもしれません。

「発達障害」はおそらく1つの原因で起こるものではないだろうと思います。人それぞれ、この子はこういう原因だけれど、あの子は別の原因。もしくは幾つかの原因が重なり合って起こっているように思われます。
もしも上に書いた4つのことが原因であれば、「栄養を補給する」ことで改善できると思います。


ぽこちゃん

「ライスワーク」という考え方

私が勤めている「侍学園 スクオーラ イマジン」というフリースクールは、不登校や引きこもり、学校は出たけれども就職でうまくいかなくなってしまった、といった「生きづらさを抱える若者」の自立支援をしています。

私はパートの「給食のおばちやん」ですので、それだけやっていればいいとは思うのですが、性分なのか、好奇心旺盛で、スタッフ会議などにも顔を出しております。

そういう時に「どうぞどうぞ」と入れてくれるスタッフさんに感謝ですね。
生徒もスタッフもパートのおばちゃんも対等な感じです。

そこで聞いて「なるほど!」と思った言葉が「ライスワーク」でした。

見ての通り、「食べるためにする仕事」ということです。

この学校には、かなり高学歴の生徒がやってきます。

A君は有名私立大に入学したのですが、人間関係に疲れて心を病んで引きこもっていたそうです。
2年くらい引きこもった後、お母さんがたまたまテレビでこの学園のことを放送しているのを見て、息子に勧めて入学しました。

彼は2年間通ったあと、元気を取り戻して実家に戻りました。
ところが、就職したらまた体調を崩してしまったそうです。

学園に戻った彼を、スタッフも生徒たちも暖かく迎えました。
そして、ゆっくりと「自分自身と向き合う時間」を保証しました。

やがて彼は少しずつ動き出し、学園の近くの店にアルバイトに出られるようになりました。
仕事はいたってシンプルな作業でした。
そこで彼はひとつの気づきを得ます。

「こういう仕事でいいんだ。脳みそをフル回転させて、必死でやる仕事だけが仕事ではないんだ。」


とても頭脳明晰な彼は、自分に自信があったのでしょうね。
「山月記」に書かれている李徴のように「自ら恃むところ頗る厚かった」のではないでしょうか。

その彼が、肩の力を抜いて生きることに気が付いたのです。

「この学園で友人を作るつもりはない」と言っていた彼が、ふざけあったり、悩みを話したりする友人を何人か作って、そして実家に戻って行きました。

ライスワーク・・私自身も食べるために仕事をしてきました。
その中で自分なりに考えたり、こうしたほうがいいかな、と思うことをやってきました。
いつの間にかその仕事が好きになってきました。

「好きなことを仕事にしたい」「夢を叶えたい」と多くの人は願うのですが、そうそう上手くいくものではありません。
ではうまくいかなかったら、人生おしまいなのでしょうか?

大丈夫、また落ちたら落ちたように生きる

彼は元気に「第二の故郷」上田を後にしていきました。


嬉しかったこと

先日、買いたいものがあって近所のお店に行きました。
お店の奥さんが「あら、久しぶり」と、にこやかに迎えてくれました。

彼女の子どもさんを随分昔に教えました。
人柄は良かったのですが、流されやすいところがあって、「明日までに課題をやってきなさい」と言っても、友達に誘われるとふらふらと遊びに行ってしまいました。

卒業の時にはたくさんの課題が溜まってしまい、大変でした。
なんとか卒業して進学したのですが、勉強についていけずに辞めてしまって、お母さんを泣かせたことも聞いています。

「どうしてる?」と聞くと
「それがね、結婚して子どもが生まれたんですよ。仕事は辞めずに続けていてね。」
「結婚相手がいい人で、上手に立ててくれてね。会社でもちゃんと仕事ができてるの。」

お母さんはしみじみと言いました。

「人間って変われるもんですね。こんなふうになれるとは思わなかった。」


その後、生協の品物を受け取りに行きました。

生協仲間の若いお母さんと一緒になりました。

彼女の小学生の息子さんが落ち着きがない、ということで、3ヶ月くらい前に相談に乗りました。
その時に、小麦と乳製品、そして砂糖を減らしてみてください、という話をしました。

彼女は春休みを利用してがんばってやってみたそうです。

「新学期になってからとても調子がよくて!ただ食事の変更のおかげなのかは、よく分かんないんです。
担任の先生がベテランの人に変わったのも良かったみたい。
授業中もとても集中できるようになって、もう支援会議も必要ないって言われました。」

「最近は米粉パンも飽きちゃって、普通のパンが食べたいって言うので、時々食べてます。アイスも食べたいっていうので、それはちょっと・・ってもめたりします。」

まあ、無理のないように(意識だけは忘れずに)やってくださいね ってお伝えしました。

「人間って変われるもんですね。」と言ったお母さんの言葉を思い出しました。

本当に、長い人生でいろいろなことがあっても、なんとか乗り越えていってほしい、と思った日でした。

そして、ほんわかと嬉しい気持ちになりました。


プロフィール

poco a poco

Author:poco a poco
加賀瀬みどりです。愛知県出身の60歳です。上田に家を建てて20年近く。高校の講師を19年間続けてきました。2015年7月より上田市内で「子育てカウンセリングルーム」を開設しました。自分の家族の体験から栄養の大切さに気づき、「栄養療法」の勉強を続けてきました。この勉強はかれこれ9年になります。今までの考え方を覆すような驚きの連続でした。勉強したことを生かして、子育てに悩むお母さんがたの手助けをしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
来室数
あなたは
検索フォーム
QRコード
QR
参考リンク
参考図書
おすすめ商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。