FC2ブログ

カルシウムとマグネシウムとビタミンDのお話

久しぶりに勉強に行こうと思って、分子栄養学の勉強会に行きました。
今日のテーマは「カルシウムとマグネシウムとビタミンD」
ブログの趣旨とはちょっとずれてしまいますが、忘れないようにまとめてみます。

カルシウムというとどんなことをイメージするでしょうか?
骨の成分、牛乳などの乳製品に多い。
ではマグネシウムは?
にがりの成分、豆腐を固める時に使いますね。あと、便秘の薬。
カルシウムに比べると地味な(存在感の乏しい)マグネシウムですが、実はマグネシウムも大事なミネラルです。
カルシウムとマグネシウムは「ブラザーイオン」です。
お互いに拮抗して体内で働きます。

人の体内ではカルシウムの99%が骨や歯に貯蔵されています。
摂取不足や排泄が増えて血中のカルシウムが不足すると、骨からカルシウムが溶け出して補充します。
「カルシウムパラドックス」
カルシウムが不足することで、逆に骨から溶け出し過ぎて血中にカルシウムが多くなり過ぎることをこう言います。

溶けだしたカルシウムが体のあちこちに溜まって様々な疾患を引き起こします。
血管にへばりつくと「動脈硬化」
腎臓に溜まると「腎結石」
脳の血管に溜まったり神経細胞のシナプスにくっつくことで脳の老化が進みます。
この他にも、高血圧、糖尿病、骨粗しょう症などを引き起こします。

マグネシウムは天然のカルシウム拮抗剤です。
細胞膜などでカルシウムと競合して、過剰に流入することを防ぎます。
なので、カルシウムとマグネシウムは1対1の割合で摂る必要があります。


ビタミンDは骨からカルシウムが溶け出すのを抑えて骨の形成を促す作用があります。
ところが現代人はビタミンD欠乏症になりやすいのです。
なぜかというと
屋外での活動が少ない。(建物のなかにばかりいる)
過度の紫外線対策。(日焼けを防ぐため)
ビタミンDの摂取不足。(鮭などの魚に多く含まれる)
加齢により合成が低下する。
こんな理由で70%くらいの人が欠乏状態にあります。

ビタミンDの作用は、骨の形成だけでなく、多岐に渡ります。
認知機能を維持する。
血圧を調整する。
インスリンの分泌促進。
腸の粘膜バリアの強化。
骨を健全に維持する。
筋力の維持。

などの働きがあります。

ビタミンDはどのようにして合成され、働くかというと
コレステロールが日光に当たることによって、と動物性の食品(魚など)から取ることによって、の二つがあります。
なので、コレステロール値はあまり低くない方がいいです。
ちょっと高いからといって、薬で下げると今度はD不足の問題が出てきます。
また、肝臓や腎臓で形を変えていくので、肝臓、腎臓の働きが悪いとうまく活性型に変えられなくなります。

健康維持に必要なビタミンDの血中濃度は、考えられているよりも高いのではないか、とのことです。

実は「骨」からは全身に向けて様々な情報物質が出ているらしいのです。
それが免疫を強化したり、脳を健全に保ったり、筋肉を維持したり、動脈硬化を防いだりしているそうです。

しっかりした骨は健康長寿のためにとても大切なもの。
骨がしっかりしている人は体重もあります。
むやみにダイエットしないで、BMI22あたりを目指しましょう。

スポンサーサイト

亜鉛とアトピー

細胞分裂の盛んな乳幼児は亜鉛がたくさん必要です、というお話をしました。
乳児湿疹でアトピーと診断されている子どもさんの中には、実は亜鉛が不足しているという人がいるようです。
赤ちゃんの顔が真っ赤になったり、ぶつぶつが出たり、かゆがってかきむしったり、となると、お母さんは気が気ではありませんね。
お医者さんに行くと、「アトピーですね。」ということになって、ステロイドの塗り薬を貰います。
一時的な使用なら問題ないのですが、長く使うにはステロイドは難しいお薬のようです。

そもそもステロイドは人の身体の中で作られるホルモンです。
腎臓の上にくっついている「副腎」から分泌されるもので、炎症を抑える働きがあります。
人の身体の中で作られるなら問題ないのでは?と思われるかもしれません。
まだ、身体が作られる途中の乳幼児にステロイドを塗り続けると、体が「ステロイドは足りている」と判断して、副腎がきちんと育たなくなるんだそうです。
これは怖いですね!
副腎は重要なホルモンを出す臓器ですから、副腎の機能が落ちることで様々な不具合が生じます。
自前のステロイドを十分に分泌できないと、大きくなっても「ストレスに弱い」人になりますし、炎症を抑えられないので様々なアレルギーが出現することになります。
アトピーに始まって、花粉症、ぜんそく・・・
昔は「アレルギーマーチ」などと言われましたが、今でもそう言われるのでしょうか?

栄養療法では、医療用の亜鉛のサプリメントをすりつぶしてミルクに混ぜたり、母乳ならばお母さんが飲んで赤ちゃんに亜鉛を補給するそうです。
アレルギーやアトピーはなかなか治らず、やっかいな病態ですが、「栄養」という視点で見ると、できることがいろいろあると思います。
糖質制限のところでも書きましたが、砂糖、白米、パンなどの糖質の摂り過ぎも、副腎を弱らせてステロイドの分泌を妨げます。
結果として「アレルギーマーチ」を促進します。
さて、どこをどう改善すればいいか分かりましたね!

亜鉛の働き

鉄に続いて体内で2番目に多いミネラルが「亜鉛」です。亜鉛は200以上の酵素の反応に関与しているそうです。
また、亜鉛は細胞の成長、分化、増殖に深く関わっているので、不足すると成長が阻害されたり、皮膚にトラブルが起きたり、と様々な症状が現れます。
亜鉛の欠乏によって引き起こされる症状は、成長障害、性腺発育不全、皮膚のトラブルなどがあります。
身長が伸びない、性的な成熟が遅れる、精子の形成が障害されて男性不妊の原因になることもあります。
皮膚症状は最もよく分かる症状の一つで、糜爛(びらん)や水泡が現れたり、傷が治りにくくなります。
また、味を感じる味蕾(みらい)には亜鉛に関わる酵素がたくさんあるので、不足すると味覚障害が起こります。
インスタント食品やジャンクフードばかり食べていると簡単に亜鉛の欠乏が起こります。若い人にも味覚障害や皮膚のトラブルが増えているだろうことは、すぐに想像できますね。

細胞分裂の盛んな胎児期、新生児期には特に亜鉛の必要量が高まります。それに呼応するように、母乳、特に初乳には大量の亜鉛が含まれています。赤ちゃんが産まれて最初に分泌される、少し黄色味を帯びたとろっとした乳ですね。
私も子どもを産んだ時に「このお乳は大事だから飲ませてね。」と言われた覚えがあります。
赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の原因の一つに、亜鉛の不足が考えられます。
母乳を飲ませている赤ちゃんであれば、お母さんが亜鉛を補給して、母乳をとおして与えるというやりかたがいいと思います。
母乳が足りずに人工栄養になる場合もあります。でも今は亜鉛を添加したミルクも多いです。
初乳だけでもがんばって飲ませるといいと思いますが、母乳が十分出ないのは仕方ないこと。お母さんは自分を責めることはありません。昔だって「もらい乳」という習慣があったのですから。

亜鉛が多く含まれる食材は「牡蠣」「しじみ」などの貝類や肉類です。
菜食主義の人、肉類をあまり食べない人は不足します。
皮膚を丈夫にするためには、ぜひともたんぱく質を!同じものばかり食べさせると遅延型アレルギーの原因になるので、いろいろな種類をローテーションするようにしてください。
プロフィール

poco a poco

Author:poco a poco
加賀瀬みどりです。愛知県出身の60歳です。上田に家を建てて20年近く。高校の講師を19年間続けてきました。2015年7月より上田市内で「子育てカウンセリングルーム」を開設しました。自分の家族の体験から栄養の大切さに気づき、「栄養療法」の勉強を続けてきました。この勉強はかれこれ9年になります。今までの考え方を覆すような驚きの連続でした。勉強したことを生かして、子育てに悩むお母さんがたの手助けをしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
来室数
あなたは
検索フォーム
QRコード
QR
参考リンク
参考図書
おすすめ商品