FC2ブログ

自己免疫疾患の原因

最近後ご相談を受けたのは、40代の女性の方です。

主訴は「ものもらいがいっぱい出来て、困っている」ということだったのですが、よくよく聞いてみると、甲状腺機能低下があって、花粉症があって、自己免疫疾患だと言われて・・・どんどん困ったことが出てきました。(゚д゚)

それで、「自分の体を自分の免疫が攻撃するので、免疫を抑制する薬を飲んでいます。」とのこと。

そうか、それで免疫力が落ちて、ものもらいがいっぱい出来るんですね。

「でも、免疫の攻撃力を落とさないとまずいですよね。」と、彼女。

自分で自分の体を攻撃してしまうのは、免疫のバランスがおかしくなっているのかもしれませんね。

うーん、難しいですね。
でも、免疫のかなめは「腸」ですよね

お腹の調子はいかがですか?

実は、昔からお腹が弱くて、下痢と便秘を繰り返していました。

そうか、そうであるなら、「まずは腸を整えることから始めませんか?」

どういうふうに始めたらいいのでしょうか?

① 砂糖などの血糖値を上げやすい糖質を止める。
② グルテンフリーとカゼインフリー。(小麦と乳製品を止める)
③ 腸にいい油の摂取。(オメガ3系のEPA・DHA、えごま油、アマニ油)
④ 消化のいいたんぱく質を少量ずつ、何回かに分けて食べる。

をご提案しました。

ええっ!甘いものは大好きです。
パスタ・・もダメですよね。ピザも・・両方入っていますよね。ダメですよね・・。
みんな大好きなものばかり。わあ・・ショックです。できるかなあ・・。
そうそう、健康オタクの友人がいて、植物性乳酸菌のヨーグルトがいいから、と、くれたんですけど、食べたらよけい下痢がひどくなって・・。

こういうものを食べて調子が悪くなるっていうことは、「腸内環境がかなり悪い」ということだそうですよ。
普通なら腸によいものなのに、それさえ受け付けないのはリーキーガットやSIBOになっているのかもしれません。
そういう時はまず、腸をケアすることが先決です。
腸をケアするには、①~④をまずやってみましょう。
腸に悪いものを入れないこと。腸のケアに必要なものを入れること、から始めてみませんか?

まずは2週間やってみましょうよ。腸の環境が良くなれば、また食べることができるようになると思いますよ。

というわけで、「やってみます。」というお返事をいただきました。

この「腸ケア」の方法、実は『副腎疲労』の本で学んだものです。
本のおかげで、新しいやり方や考え方をいろいろ学ばせていただきました。

それとは別に、「自己免疫疾患」の陰には「貧血」があるんじゃないかな、と私は個人的に思っています。
お話を聞いていると、多くの方に鉄欠乏性貧血の気配を感じるのです。
具体的にこれこれこういう理由で、とかこういう機序で、と分かっているわけではないので、あくまで私の感じたこと、なのですが。

もっとしっかり勉強して、原因を見つけたいな、と思っている病気のひとつです。


スポンサーサイト



プロフィール

poco a poco

Author:poco a poco
加賀瀬みどりです。愛知県出身の60歳です。上田に家を建てて20年近く。高校の講師を19年間続けてきました。2015年7月より上田市内で「子育てカウンセリングルーム」を開設しました。自分の家族の体験から栄養の大切さに気づき、「栄養療法」の勉強を続けてきました。この勉強はかれこれ9年になります。今までの考え方を覆すような驚きの連続でした。勉強したことを生かして、子育てに悩むお母さんがたの手助けをしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
来室数
あなたは
検索フォーム
QRコード
QR
参考リンク
参考図書
おすすめ商品