FC2ブログ

コレステロールが低い若い人の危険

気が付いたら今日は9月のおしまいの日ですね!
夏はもう過ぎ去って、明日はもう衣替えです。
寒さに負けずに冬を乗り切るために、もう少しコレステロールのお話をします。

前に紹介した、浜六郎さんの『コレステロールに薬はいらない』の中に、いろいろと怖い症例が載っておりました。
コレステロール低下剤スタチンの副作用として「横紋筋融解症」というものがあります。
栄養療法のお仲間でもありますT先生は今までに3例の横紋筋融解症(おうもんきんゆうかいしょう)に遭遇したそうです。
字を見てお分かりのように、筋肉が溶けてしまうそうで、「痛い、痛い!」と苦しがっている患者さんの患部がまさに「溶けて流れる」のだそうです。・・・

スタチンを飲んでいるわけではないが、コレステロールが低い人(特に若い男性)の話が先述の本に出てきます。
朝は食べない、昼はコンビニでおにぎり、夜もラーメンとかスパゲティ、などという食生活を送っている若い人、たくさんいそうですよね。
そんなことをしていると「たいへんなことになりますよ!」
ある若い男性がウイルスに感染して重症化してしまいました。高熱が下がらず肺炎も併発してしまったため、医師は大量のステロイドや免疫抑制剤を投与したところ、逆に悪化して亡くなってしまったそうです。
医師はなぜ亡くなってしまったのか分からず、呆然としたそうですが、こういう事例は結構あるそうです。
何例かの話が載っていましたが、コレステロール値は、106、90、120、64だったそうです。

また、小さい子どもさんでは「インフルエンザ脳症」が恐れられていますが、死にいたるような脳症が発症するのは、きつい解熱剤を使うからなのですが、そのベースには「低コレステロール」があるのだそうです。
低コレステロールゆえに感染に弱く、症状が激しく出るのできつい薬を使うことになり、その結果亡くなってしまうのです。

さて、コレステロールは一朝一夕に上げるわけにはいきません。
インフルエンザが流行る時期までに、しっかりたんぱく質(特に肉)とよい油を摂って、免疫力を上げておこうではありませんか!
スポンサーサイト



子どもとコレステロール

コレステロールはたんぱく質、脂質、糖質などを材料にして肝臓で8割が合成されます。
ということは、糖質を摂っていればいいのではないか?と思われるかもしれません。
しかし、たんぱく質は体の構成要素で肉も骨も筋も血液もたんぱく質抜きには作ることができません。
特に成長期まっさかりの子どもでは、体を作る方にたんぱく質が使われるため、コレステロールが低めになってしまうのかもしれません。
ですから、とにもかくにも材料のたんぱく質や脂質をたっぷり入れてあげることが重要になります。
たんぱく質の必要量など、具体的なお話は「たんぱく質」という項目を作って語りたいと思います。

脳の神経細胞はとても複雑な形をしていて、それを維持しているのがコレステロールです。
脳には体内のコレステロールの実に4分の1があるのだそうです。
神経細胞ではひっきりなしに情報伝達が行われています。細胞を包んでいる「ミエリン鞘」というコレステロールの膜がありますが、
情報はちょうど電気が流れるようにミエリン鞘の上を走っていくのだそうな。
「頭の回転が速い」「反応が早い」というのは「ミエリン鞘の質が良くて伝達がスムーズだ」ということだそうです!

コレステロール値が低いと頭がうまく働かない、集中できない、周りの状況が読めない、ということになる理由が分かりますね。

この他にもコレステロールは性ホルモンやステロイドホルモンの材料になります。
ステロイドホルモンは副腎という腎臓の上に載っている臓器から分泌されます。
これは体に炎症が起きた時やストレスがかかった時に分泌されます。
だから、コレステロール値が低いと炎症を抑えられずにアレルギーやアトピーを起こしたり、ストレスに弱い子になったりします。
アトピーを持っている子どもさんで、ストレスがかかると悪化することがあると思います。
それはステロイドがストレス対応に追われて不足し、アトピーが悪化するということです。
いずれにしても、材料をしっかり入れてコレステロール値を高くすることが根本的な治療につながると思います。

コレステロール値をめぐる問題

前回「コレステロール値が低いのは問題が多い」というお話をしました。
コレステロールは実際には体の中(肝臓)で全体の8割が合成されているそうです。
食物の影響を受けるのは実は残りの2割だそうです。
「コレステロール値が高いから卵を食べないようにしている」という話をよく聞きますが、食べても食べなくてもあまり影響はないのです。「油の摂りかた」で言いましたが、コレステロールは体の中で大切な働きをしているので、肝臓がきちんと管理しているのです。
日本での医療によるコレステロールの管理は厳しすぎるようで、ちょっと前まで「総コレステロール220以上は治療の対象」ということになっていて、一律に投薬をされていました。
これでは、中年~老年の方の8割くらいが投薬治療の対象になってしまうそうで、なんだかな変だなあ、と思う方が普通です。
このごろやっとLDLコレステロールの値が問題で、総コレステロールは関係ない、という話に変わってきたのですが、この陰にはいろいろなすったもんだがあったようです。
ずいぶん前に、浜六郎さんというお医者さんの書いた「コレステロールに薬はいらない」という本を読んだら、大阪府八尾市で11年かけておこなった調査では一番死亡率が低いのは、コレステロール値240~280の人だったそうです。また、コレステロール値160以下になると、がんやうつによる死亡率が有意に高くなるそうです。
浜六郎さんは薬害の研究をされている方で、「コレステロール低下剤」の副作用に警鐘を鳴らしておられます。
本の中には「健康な人を病気にしてしまう日本の医療」の話がてんこもりです。
薬を売りたい製薬会社と医師との癒着、でしょうか?
性善説の人ならば、「念のため、親切心でやっているんだよ。」「お医者さんが言うなら飲んだほうがいいのでは」
と思うかもしれません。
私は「性格が善い」人だと自分では思っていますが(笑)、製薬会社と医師の関わりの危うさを見聞きし過ぎて、どうも素直に薬を飲む気になれなくなりました。

子どもの不調の原因その3 コレステロールが低いこと

さて、子どもに問題を引き起こすもの、その3は「コレステロールが低い」ことです。
コレステロールは高いと問題視されて、心筋梗塞などの疾患を引き起こすと言われていますが、低いことの方が問題が多いようです。
コレステロールの低い子どもは落ち着きがなかったり、暴力的な行動をする者が正常な者の3倍あった、というアメリカでの報告があります。

また私事ですが・・。長年高校の常勤講師をしておりました。もう8年くらい前のこと。
1時間目の授業に行くと、教室で生徒たちが小さい紙を見ておりました。4月にやった血液検査の結果を朝の会で担任の先生からもらったようです。
ちょうど栄養療法の勉強に行き始めていた私は知ったかぶりで「見てあげるよ、かして!」と生徒の持っている結果を見せてもらいました。たいして項目はないのですが、総コレステロールとヘモグロビンなど貧血の指標となるものがいくつかありました。
「あれ、これ貧血っぽいなあ。」「えっ、やばい。どうすればいい?」「今日は焼肉にしてもらいな~。」「やったー!」
などと言っていたら、クラスの生徒たちが「おれのも見て」「おれのも」と押し寄せてきました。
男子ばっかりのむさくるしいクラスだったんですが、なんというか、とてもかわいくて(もちろん、ちっともかわいくない時もありますが)お母さんと息子たち、みたいな関係でした。

授業もせずにあれこれ話をしているときに、A君のデータを見てびっくり!コレステロール110でした。
Aくんは気のいい子なのですが、多動でじっとしていられず、突然関係ないことをしゃべりだす子でした。
「ねえ、10分でいいから黙ってて!!」
と言っても、5分ともたないで、ごそごそ、ぺちゃくちゃ。
なるほど。原因はこれだったのか!
「A君、これ低すぎるわ。もっと肉や卵を食べないと。」
「ええっ、おれ?食ってるよ、食ってる。」

この他にもストレスがかかるとリスカをする女の子もコレステロール値が100くらいしかなかったことを覚えています。
保健室に来る生徒とコレステロール値の関係、などを調べてみたら、あっと驚く発見があるような気がします。
ただ、検査データも個人情報ですから、むやみに利用するわけにはいきません。

貧血 言い忘れたことあれこれ

思い出すままに貧血(鉄欠乏性)について書いてきました。
言い忘れたこと、思い出したことを書いて、「貧血」のテーマを終わりにしたいと思います。
初めて新宿溝口クリニックの勉強会に行った時、お話してくれたのは定(じょう)真理子さん、クリニックのチーフカウンセラーでした。
その時のテーマが「鉄欠乏性貧血」でした。鉄の働き、吸収のしくみ、貧血の症状の見分け方、なぜ貧血が見落とされるのか・・・。
2時間近くじっくり話してくれました。
ああ、面白い!なんて面白いんだろう!
それ以来機会あるごとに勉強会に参加しました。
長野から東京に行くのは大変でしたが、新しいことを吸収する楽しさ、それともう一つは子どもの改善のためにモチベーションを上げておかねば、という気持ち、その二つでせっせと通いました。
定さんにはその後もずっとお世話になりました。今も助けてもらっています。
2008年から年に1回「栄養療法」の勉強会を上田市や東御市で開いているのですが、そのほとんどに来てくださっています。
栄養療法を上田地域に広めたい、という私の思いに応えてくれているのです。

定さんは不妊治療や子育ての分野を得意とされていて、いつも「鉄」の大切さを話して下さいます。
鉄が十分あるとお腹の中の赤ちゃんは、ふかふかのベットに寝ているようなもの。
貧血だと硬くて居心地の悪いベットになってしまいます。早産で産まれてしまうのは、居心地が悪くていられないから。
産まれてからも鉄は重要な働きを担ってくれます。
粘膜を丈夫にするのも鉄の働きです。貧血があると風邪をひきやすい、下痢をしやすい。腸の働きが悪くなるとアレルギーやアトピーなどの原因にもなります。
体を構成する「コラーゲン」はたんぱく質+鉄+ビタミンCで作られます。この3つが体内に十分あると、ピチピチのお肌になるわけです。不足するとしみやソバカス、お肌のたるみの原因になります。
また、前回お話したように、「更年期」を苦しんで過ごすか、楽に過ごすかは実は「鉄」が足りているかどうかにかかっているのだそうです。
こうしてみると、女性と鉄は本当に切っても切れない関係にあることがよくわかりますね!

鉄欠乏を改善するには。

前回書いたように、肉を食べ、レバーや内臓を食べても、なかなか貧血は改善されません。
鉄の代謝はとても「閉じた」状態にあるのだそうで、入るのも出るのも少ないのだそうな。
だから1ヵ月や2ヶ月レバーを食べてがんばっても、なかなか改善しないのです。

私事で申し訳ないのですが、こんな経験をしました。
子どもが東京の新宿溝口クリニックにかかって治療をしていた頃のことです。
「栄養療法」では、食事の変更(甘い物や精製炭水化物を止める、たんぱく質をしっかり摂る)と共に、栄養素の補給のためにサプリメントを飲みます。
医療用の高濃度のサプリメントで、かなり高価なものです。
月に1回サプリメントが送られてきます。その時に何かミスがあって、開けてみたら違う人宛のものでした。
電話で説明して、送り返したところ、「ご迷惑をかけて申し訳ない」と、サプリメントが10日分余分に送られてきました。
子どもは「今でもいっぱい飲んでいるのに、そんなもの貰っても・・」と、とても嫌そうでした。
高いものを、もったいない!
と思った私は、それを自分で飲むことにしたのです。
1日3回飲むので、全部で30パックありました。それを1日1回30日かけて飲みました。
驚きでした。
当時、更年期の入り口にいた私は、生理の前一週間は、頭がぼーっとして、細かい作業ができず、イライラしたりして、かなり困っていました。ただ、困るのは生理の前だけなので、その前に面倒な仕事は片付けておいたりして、なんとかやりくりしていました。
30日飲んだ間に生理が来ました。何の困ることもなく、朝起きたら生理が来ていました。
嘘でしょ。ありえない。と思うくらい簡単に生理が来ました。
その時に私は「栄養療法」の凄みを体で感じることができたのです。子どもの飲んでいた量の3分の1でこの効果・・。

残念なことに、普通の病院で出してくれる鉄剤は吸収の良くない「三価鉄」です。飲んで胃が痛くなる人も多いです。
ドラッグストアなどで売っている「ヘム鉄」というサプリメントは実はヘム鉄はほんの少ししか入っていないんだそうです。
もっと質のいいサプリメントが手軽に買えたらいいなあ!と切実に思います。

じゃあ、どうすればいいの?
とりあえず、こつこつと食事に赤味の肉や魚やレバーを取り入れていくこと。
「三価鉄」を飲む時には、お茶やコーヒーなどの吸収を阻害するものを飲まないこと。
そして、ビタミンCを一緒に摂ること。
これを1年、2年というスパンで続けてみること、ですね!

貧血は生活習慣病?

またまたしつこく、貧血の話です。(笑)
いつだったか、子どもと「何で貧血の人が増えているんだろうね?」という話をしたことがあります。
鉄を使った鍋とか鉄瓶を使わなくなったから。
排泄物を土に戻さなくなったから。
動物や魚を丸ごと食べなくなったから。
いろいろな意見が出ましたが、8月の終わりに行った勉強会で講師の先生が、

「鉄欠乏は『生活習慣病』として捉えることが大切」


と言われたのが、なんとなく腑に落ちたのです。
たんぱく質をあまり摂らない、赤みの肉を食べない、レバーや魚の内臓を食べない、などなど。

私も実は昔は肉が苦手で、レバーや内臓系の肉がきらいで、サンマの内臓が食べられない人でした。

女性は毎月生理によって鉄を失いますね。だから、気をつけて肉や内臓を食べないといけないのですが・・。
そうそう、貝類は鉄分が豊富ですね。
縄文時代の人は貝塚を見て分かるように、いっぱい貝を食べていたんですね。
鳥や獣を捕まえたら、きっと内臓も肉も骨も食べられるものはすべて食べたことでしょう。
今はどうでしょう。魚は切り身で売っているし、肉も元の形が分からないくらいきれいに処理されています。
それさえも食べないで、もっと加工されたものを食べていたりしますね。

鉄には2種類あって、動物性タンパク(肉や魚)に含まれる「ヘム鉄」と植物に含まれる「非ヘム鉄」の二つです。
ヘム鉄の吸収率は20~30パーセントですが、非ヘム鉄の吸収率は5~10パーセントしかありません。
ちなみに○○プルーンは非ヘム鉄で、しかもペクチンの作用でほとんど吸収されないとか・・。
肉を避ける、魚を避ける食生活を変えないと、「生活習慣病」としての貧血は改善しないのですね。

反省した私は、週に一回「内臓の日」を設けています。
その日はレバニラいためを食べたり、寒くなってくると「モツ煮」を作って食べています。
スーパーで白モツを買って、鳥もも肉やレバー、こんにゃく、玉ねぎなどと一緒にみそ煮にします。
家庭での献立はお母さんの好みに左右されがちですが、そればかりではまずいような気がします。
内臓系の好きな夫はとても喜んでパクパク食べていますが。

貧血と精神症状の関係

「貧血」と表記していますが、貧血にもいろいろ種類があります。私が書いてきたのは「鉄欠乏性貧血」というものです。
人の脳内には様々な神経伝達物質がありますが、その材料はおもにたんぱく質です。
たんぱく質が腸でアミノ酸に分解され、脳に送られます。それから様々な反応をくり返して神経伝達物質につくり変えられます。
その時に必要なのが「ビタミンB6」「葉酸」「ナイアシン」などのビタミンB群、そして鉄、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルです。
そのため、ビタミンB群が足りなかったり、ミネラルが不足すると、神経伝達物質がうまく作れなくなるのです。
興奮系の物質が増えて抑制系が足りないとイライラしたり、けいれんを起こしやすくなります。
その逆に抑制系が増えるとうつっぽくなります。
セロトニンなどの調整系の物質が足りないと睡眠障害が起きたりします。
鉄が足りないと興奮系のドーパミンなどがうまく作られません。するとうつ症状が現れるのです。
女性の「うつ」の陰には「鉄欠乏性貧血」がある場合がとても多いです。
実は潜在性の鉄欠乏だったのに、抗うつ薬を飲まされてしまうということも起きます。
いや、しばしば起こっていると私は思っています。
「うつ」が長引いてなかなか治らないという人はぜひ「フェリチン」を調べてもらってください。
NHKの「ためしてガッテン」でフェリチンを測定しましょうとシノスケさんが言っていましたね!
そうなんです!貯蔵鉄フェリチンが重要なのです。
でも、必要な数値を知らないと調べても役にはたちません。
覚えておいてくださいね。
妊娠する可能性のある女性は「80」ほしいそうです。
実際にはそんな数値の女性はほとんどいません。
20、30あればいいほうで、7とか9とか一桁の人もまれではありません。
それでも「基準値の中に収まっている」と言われて「貧血ではない」ということになってしまいます。
そういう人は様々な不定愁訴があって、とても大変な思いをしているのですが、健康診断では「問題なし」と言われるのです。

貧血で赤ちゃんを産むことの問題点

お母さんが貧血で赤ちゃんを産むと、何が問題になるのでしょうか?
一般的に貧血の症状というと
疲れやすい
冷え性で寒がり
頭痛やめまいがある
動悸や息切れがある
といったものが挙げられます。
ところが実は、これ以外にも精神的な症状がいろいろ現れてくるのです。
幼児期には、精神発達の遅れ認識力の低下が現れます。
学童期には、授業についていけずに居眠りをする、とか集中力の低下が現れてきます。
発達障害と診断される子どもたちにも、実は貧血そして低血糖症が頻繁に見られるのだそうです。
また、貧血を持っている子どもたちは精神的に不安定で、様々なストレスの掛かる中学、高校時代に不登校になりやすいということも言われています。
ちょうどその頃は女の子は生理が始まる時期。そして男の子は体が大きくなり筋肉が付く時期と重なります。
それは鉄の需要が増える時期なのです。
もともと貧血気味で生まれて、なんとかやりくりしていたところに、一気に需要が増えてまかないきれなくなってしまいます。
よく言われる「反抗期」は実は「鉄の欠乏期」なのかもしれませんね。

子どもの不調の原因その2 貧血

長々と「低血糖症」について書いてきました。
これだけが子どもの不調の原因ではないのですが、前にも書いたように、9割くらいの方が実は低血糖症なのです。
その次くらいに原因となるのが「貧血」なのです。
現在、若い女性で生理のある方の半分くらいは貧血だと言われています。
この「貧血」はなかなかくせもので、まず「分かりにくい」そして「治しにくい」という問題があります。
妊娠中に貧血の検査をして「貧血はないですね」と言われても安心してはいけません。
貧血検査に使われるヘモグロビンという項目は、実際の貧血の状態を表していない場合がほとんどだからです。
体の中には「フェリチン」という貯蔵された鉄があります。
フェリチンはヘモグロビンが足りなくなると、ちょうどお金が足りなくて貯金を取り崩すように使われていきます。
だから実は貧血で体は四苦八苦していてもヘモグロビンの値はあまり下がりません。
栄養療法ではヘモグロビンは13以上ないとまずいのです。
12とか11という数字は蓄えのないぎりぎりの状態であるということなのです。
妊娠中に「軽い貧血ですね」と言われた方は「ひどい貧血です」と同じことなのです。
「貧血です」と言われなかった方も実は貧血だった、ということが多いですね。
貧血のお母さんからは貧血の子どもが生まれます。(私もそうでした・・)
それの何がまずいのか、続きは次回に。
プロフィール

poco a poco

Author:poco a poco
加賀瀬みどりです。愛知県出身の60歳です。上田に家を建てて20年近く。高校の講師を19年間続けてきました。2015年7月より上田市内で「子育てカウンセリングルーム」を開設しました。自分の家族の体験から栄養の大切さに気づき、「栄養療法」の勉強を続けてきました。この勉強はかれこれ9年になります。今までの考え方を覆すような驚きの連続でした。勉強したことを生かして、子育てに悩むお母さんがたの手助けをしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
来室数
あなたは
検索フォーム
QRコード
QR
参考リンク
参考図書
おすすめ商品