FC2ブログ

子育てに近道なし。

先日、久しぶりにクライアントさんから連絡がありました。

「子どもがとても良くなったので、お礼と報告を兼ねてお話したい」とのこと。

私もぜひお話を聞きたいと思って、お会いしました。

昨年の秋に講演会を開いた時に聴きに来られて、講師の高橋先生(長野県中野市で栄養療法のクリニックを開いておられます)に、「ともかく毎日ビタミンCを摂るように」とアドバイスされて、それをやってみたのだそうです。

そうは言っても、30才を過ぎた息子さんで、結婚して別に暮らしています。
お嫁さんも特に栄養療法に理解があるわけでもなく、なかなか始めることができませんでした。

息子さんはお父さんの跡を継がなければいけない立場です。
それが嫌で別の仕事に就いたりしていたのですが、いよいよ実家に戻って跡継ぎになりました。
その矢先に適応障害のような症状になってしまいました。

普通に考えると、「跡を継ぐのが嫌でこういう症状が出た」と思われるでしょうが、本人は覚悟を決めて帰って来たのだそうです。
だから、投げ出すこともできず、ただただ自分を責めながら耐えていたそうです。

息子さんも、お嫁さんも、お母さんも三人それぞれに苦しんだことと思います。

それが、ビタミンCを摂って3ヶ月後くらいから薄皮を剥がすように良くなってきたのだそうです。
そうなるとお嫁さんも「忘れないように飲んでね」と協力的になり、とうとう跡取りとしての職務を再開、なんとか1ヶ月続いているそうです。

「状態の悪い時には人の目を見て話すことができなかったのです。でも今はしっかり目を見て話すことができます。それだけでなく、様子や態度が昔に戻ってきたと感じます。」

実は息子さんとはじかにお話したことが無く、お母さんからお話を伺っていただけなのです。
アトピーやアレルギーがあった、ということを聞いたので、副腎が疲れているのではないかなあ、と思っていました。
でも私がやったのは、高橋先生とお話できるようにはからっただけです。
だから、あんまり感謝されると、逆に困ってしまいます。

それにしても・・・この二年あまりの日々を皆さんよくぞ耐えてこられたと思います。
逃げ道のない、本当に苦しい日々だったと思います。

私はお話を聞いていて、確かにビタミンCが効いたと思いますが(副腎にはビタミンCが必須の栄養素です)、それだけではないなあ、と思います。
息子さんは小さい頃からアトピーや食物アレルギーがあったので、お母さんは一生懸命除去食を作り、牛乳が飲めないのでカルシウムを補うためにちりめんじゃこやいりこをお料理にたくさん使ったり、と様々な工夫をされてきたそうです。

息子さんもそれを見て大きくなったからだと思うのですが、料理が好きでいろいろと工夫して作るのだそうです。
うつ状態で家から出られない時も、お嫁さんの代わりに食事の支度をしていたそうです。

息子さんの改善を助けたのは、もしかしたらこんな理由もあったのではないでしょうか。
自分に必要な食事は自分で作る、という生活習慣ですよね。
それはお母さんがとても丁寧に子育てをしてきたから身についたものだと思います。

子育てに近道なし。ふと、そんな言葉が思い浮かびました。



スポンサーサイト

闘病中です。

「闘病中」などと書くと、「どうしたんですか?!」と聞かれますが、実はたいしたことではないんです。

一昨年の冬に、突然顔面が痛くなって、「これは20年前にやった副鼻腔炎だ。」と気づいて耳鼻科に行きました。
それからずっと「クラリス」という抗生物質を飲んでいたのですが、なかなか良くなりませんでした。

初めはクラリスを飲むとお腹が緩くなって、それが嫌で飲むのを止めて、でも良くならないからまた飲んで、ということを繰り返していました。
それで耐性が出来てしまったらしく、飲んでもちっとも効きません。
ずっと通っていた耳鼻科でしたが、「先生とうまくコミニュケーションが取れない」という理由で転院しました。
「ああ、まだダメだな、もう少し飲んで。」しか言わないからです。

転院した先は女性の先生でした。
何回か鼻の奥に針を刺して、副鼻腔を洗ってもらいました。
でも、改善しませんでした。
先生は「これはおかしい。」と言われました。
「何か他の理由がある気がする。」ということで、歯科医院に行くように勧められました。

知り合いで信頼できる歯科の先生がいらしたので、そこに行ってレントゲンを取ってみたら、
「ああ、副鼻腔と接しているところに影が見えます。」
40年以上前に治療していた奥歯の中で炎症が起こっていたそうです。

詰め物をはずして、歯の中を洗浄して、またかぶせる、ということを繰り返しています。

それでも炎症が治まらなければ、歯を抜くしかないそうです。

歯を抜くのは嫌なことですが、それよりも改善しない原因が分かったことが嬉しい気がしました。
家でそんな話をしたら、「ドクターGだね。」などと言われました。
きちんと原因を突き止めること、その大切さを自分の身で感じることができました。

まだまだ、細菌と私の免疫力の戦いは続いています。

講演会を開きます!

今年もまた、講演会を開きます。
かれこれ10年になるでしょうか?
子どもが栄養療法で改善したことをきっかけに、「栄養療法という選択肢があることを伝えたい」と考えて、講演会を始めました。

今年も、中野市で「たかはしクリニック」を開いておられる高橋嗣明(つぐあき)先生にお願いして、

「学校に行けない子ども、仕事に行けない大人」

というタイトルでお話していただきます。

日時    平成29年11月12日(日) 10時~12時
場所    まちなかキャンパスうえだ
       (海野町商店街 丸陽ビル1F)
参加費   500円
定員    40名
申し込み 電話でお申し込みください。(FAXも可)
       
      

夜は元気だけれど、朝起きられない、アトピーやアレルギーが悪化してきた、ストレスに弱くてすぐに心が折れる。
心の問題?と思われるこんな問題ですが、実は「副腎疲労」が原因かもしれません。
「副腎疲労」とは何か?どのようにすれば心身の不調が改善するのか?

講演会の後には、お茶とお菓子付きの相談会もあります。
ぜひご参加ください。


普通の子になりました!

先日、久しぶりに以前相談していただいた方にお会いしました。

彼女は(Yさんとしておきます)アスペルガー系の障害を持つお子さんがいます。

そもそも、Yさんの様々な症状(その中に1型糖尿病もありました)について相談を受けていたのですが、途中から子どもさんが、

こだわりが強い。
コミュニケーションがうまくできない。
協調性がない。

などの症状があることが分かり、そちらの相談もするようになりました。

特に血液検査などをしたのでもないし、あてずっぽ(としかいいようがないです)で、
糖質を制限し、グルテンやカゼインをできるだけ避け、たんぱく質を増やすように、というお話をしました。

それから1年ほど経って、Yさんにお会いしたら、

普通の子になりました。
時々崩れることはありますが、理由が分かるので、対応できます。
あの時ご指導いただいて本当に良かったです。

と言われて、私もとても嬉しかったです。

これは私の力というよりは、私の話をきちんと受け止めて、食事を変更し、それを持続してくれたYさんの努力が実を結んだのだと思います。

これは簡単なようでなかなかできることではないのです。

多くの皆さんは「糖質制限しなくちゃいけないんだけど、難しい。子どもが文句を言うから続けられない。」とか「本当にこんなことで変化が出るのだろうか。」と半信半疑で中途半端になりがちです。

Yさんは自分の症状をなんとかしなければならなかった、という事情もあって、結構厳しい糖質制限をやり通しました。

また、子どもさんが几帳面で生真面目だったので、「こうしなさいと言われたことはきちんとやる」ことができました。
「今は特に甘いものは食べなくても困らない。」と言っているそうです。

そんなわけで、Yさんの子どもさんは「普通の小学生」となったのです!


プロフィール

poco a poco

Author:poco a poco
加賀瀬みどりです。愛知県出身の60歳です。上田に家を建てて20年近く。高校の講師を19年間続けてきました。2015年7月より上田市内で「子育てカウンセリングルーム」を開設しました。自分の家族の体験から栄養の大切さに気づき、「栄養療法」の勉強を続けてきました。この勉強はかれこれ9年になります。今までの考え方を覆すような驚きの連続でした。勉強したことを生かして、子育てに悩むお母さんがたの手助けをしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
来室数
あなたは
検索フォーム
QRコード
QR
参考リンク
参考図書
おすすめ商品