FC2ブログ

サインバルタ  子どもに対する抗うつ薬の治験 2

さて、ここで考えたいのは「なぜ塩野義製薬が治験をするのか?」という点です。

そもそもサインバルタという精神薬はイーライリリーという製薬会社が最初に作り、途中で塩野義製薬という大阪にある製薬会社が共同研究という形で参加したのだけれど、さっぱり効果が確認できなくてイーライリリーが開発から降りてしまったという経緯を持つ薬です。
その後塩野義製薬が単独で研究を進め、高容量で効果が出るということが分かり、承認されます。

現在では使いやすい薬ということで、多くの国で使われているそうです。
(これはkyupinという精神科医のブログから知ったことです)

それがなぜここにきて再び治験をするのでしょう?

これも嶋田和子さんのブログからの引用なのですが、適応する疾病が変わると薬としての寿命が延びる・・・特許期間が過ぎるとジェネリックの医薬品が出るけれど、それが遅くなる、ということのようです。

はあ~、そんなことのために「子どものうつ」への処方を狙うんですか!

と、穏やかで争いを好まない私でも言いたくなってしまいます。

塩野義製薬の社員さんは、自分の子どもに処方できるんでしょうか?
聞いてみたいです。

そもそも子どものうつ、と言われる症状には

低血糖症
貧血
副腎疲労

の症状と被るものがたくさんあります。(それぞれのカテゴリをお読みください)

これらはみんな、食生活や生活習慣を変えることで改善するものです。
甘いお菓子やパンや麺類を控える、小麦や乳製品を控えることに、副作用はありません。
(時々、食べるものが無い、と泣かれることがありますが、そんなことはないですよ)

自殺企図が起こるような薬を飲む前に、できることがあると思います。

スポンサーサイト

サインバルタ  子どもに対する抗うつ薬の治験 1

時々読ませてもらっているブログに「精神医療の真実 聞かせてくださいあなたの体験」というものがあります。

精神科にかかって、精神病薬を投与されたために、副作用で苦しんでいる人がたくさんいます。
その人たちの声を汲み上げて発信しているのが嶋田和子さんというフリーライターです。

最近ブログにお邪魔したら、塩野義製薬がサインバルタという薬の治験をする、という記事がありました。
しかも、対象は「子どものうつ」です。

サインバルタは抗うつ薬で、脳内でセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害することで脳内の神経伝達をスムーズにする働きがあるそうで、いわゆる「SNRI」と呼ばれる種類の薬です。
精神科だけでなく、内科や整形外科でも痛み止めとしてよく使用されているそうです。

ここで問題なのは、この薬の使用上の注意点にこのような内容があることです。

・24歳以下の患者で、自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため、本剤の投与にあたっては、リスクとベネフィットを考慮すること。
・海外で実施された7~17歳の大うつ病性障害患者を対象としたプラセボ対照臨床試験において、有効性が確認できなかったとの報告がある。本剤を18歳未満の大うつ性障害患者に投与する際には適応を慎重に検討すること。


これだけ読んでも「こういう薬を子どもに使うのはまずいんじゃないかなあ」と思うのが普通ではないでしょうか?

ここで登場するのが「子どものうつ」という概念です。




こんなこと、ありませんか?

□ いつもいらいらした気分になる。
□ やろうとしたことが思い通りできない。
□ 落ち込むことが多く、元気になれない。
□ 楽しみにしていることがない。
□ 居場所がないような気がして、そこにいたくない。
□ いつも退屈な気がする。
□ 不登校、引きこもりがちである。
□ 何をするにも自信が持てない。
□ 嫌なことをされても黙っていることが多い。
□ 誰かといても独りぼっちな気がする。

子どものうつは気づきにくい。サインを見逃さないで!
あてはまるものはありませんか?
① いらいらする  ② 自信がもてない  ③ 引きこもりがち

そして、連絡先のフリーダイヤルが・・・・




この □ の項目、どう思います? 
①、②、③はどうでしょう?
ちょっと体調が悪かったり、友達といざこざがあったり、家の人とうまくいかないことがあったりしたら、感じそうなことばかりではないでしょうか?

ちょっと他人より繊細な子どもであったら、ありそうな話だと思うのですが・・・。
子どもだからっていつも元気で溌剌としている訳ではないでしょう。

このごろ、病気は作られるものになりました。
症状を規定し、それに名前をつけることで、病気が作り出され世間に認められていきます。
そして、その病気を治療する薬が売り出されます。
これはどう見てもマーケティングの手法でしょう。
薬を売るために、病気を作る、のではないでしょうか?

どうやら発達障害の次は「こどものうつ」が薬を売るためのキャッチコピーになるようです。

今年度の総括をしています。

さて、年度末となりました。

新しい職場(侍学園)では年度末に3日間かけて「総括会議」をするのだそうです。

以前の職場(公立高校)でも「今年度の反省」などを会議でやっておりましたが、なにせ100人を越す大所帯だったもので、なんとなくわいわいと終わってしまった、という印象でした。

こちらでは結構突っ込んだ話をするようです。

特に今年始めたばかりの「給食事業」ですので、いろいろ意見が出るのではないかなあ、と思って、やや緊張して資料作りをしております。

差しさわりの無いところを少し、ご紹介します。(文責 加賀瀬です)

〇計画
新寮にて昼食を作って生徒全員とスタッフに提供する。(約40人)
寮生の夕食の材料を買い、作り方のレシピを渡して作ってもらう。

〇やったことと効果
学校のある日は昼食を提供した。
→生徒がたくさん食べるようになった。残飯が減った。
寮の夕食に関しては1月までほぼ毎日寮に行って作り方の指導をした。
→生徒が料理を作ることに興味を持つようになった。簡単な料理なら生徒だけで作れるようになった。

〇反省点
夕食については、今まで旧寮で生徒たちだけで作ってきていたので指導に行く必要はない、ということだったが、台所の仕様がかなり違うこと、いままでの宅配の食材は野菜も肉も切って冷凍してあったので、解凍して火を通せばよかったが、今は下ごしらえからしなければならないこと、調味料も入っているものを使えばよかったが、自分たちで人数を見て調合しなければならないこと、などの理由で指導に行くことにした。

「生徒は失敗から学ぶ」というが、調理に関しては「成功によって学ぶ」のではないだろうか。
自分の作った夕食を皆が喜んで食べて「おいしい」と言ってもらうことで、自信やモチベーションにつながるのではないだろうか。
生徒たちの様子を見ていると、見通しを持って作り上げていく力に個人差が大きいと感じる場面が多々あった。
言われたことを機械的にこなすのではなく、どうしたらうまくいくかを考えられるようになるといいと思う。
たとえば、「味見をしない」・・・味のない味噌汁を出してもなんとも思わない。
「冷めても気にしない」・・・暖かい方がおいしいものを暖かいうちに出すということができない。
これらは、食べる相手の気持ちに気がつかないということではないだろうか。

料理の上手な生徒が作ってくれたものをおいしくいただくことで、精神的な満足とともに「自分もこんなふうに作りたい」という気持ちが出てくる、と生徒を観察していて思うことがある。
今後はどのように夕食作りに関わるか模索中であるが、少しずつ寮生の料理力のスキルアップを目指していきたいと思っている。




サムガクの卒業式

3月3日(土)に平成29年度「侍学園スクオーラ今人」の卒業式がありました。

一昨年、「卒業フォーラム」というイベントに参加したことがあったのですが、卒業式に参列するのは初めてのこと。

どんなものかな~と、かなり楽しみにしていました。

サムガクでは、卒業認定は職員全員で意見を出し合って行います。
3年で、とか4年で、とか決まっているわけでは無いそうです。

卒業の条件は
〇 精神的自立の可能性
〇 経済的自立の可能性

自分のことが自分で決められること、自分で仕事をして食べていかれること。
ということになります。

今年は4人の生徒が卒業しました。

式では、理事長の長岡先生から、一人ひとりに向けての暖かくユーモアあふれる言葉があり、その後卒業生からの「答辞」がありました。
それぞれが、悩み苦しみながらも殻を破り自分を変えていった経過を、自分の言葉で語りました。

目頭が熱くなったり、噴き出したり、本当にいい卒業式でした。

私は何十回も卒業式に参列しているのですが、こんなにドキドキする卒業式は初めてでした。

「スタッフたちはこの日のために、364日間がんばってきた。それが報われる日だ。」と長岡先生は言いました。
本当にそうだと思いました。

卒業式に参列した人は、生徒、生徒のご家族、来賓、理事、職員など合わせて100人くらいでした。
その100人を前にして、卒業生は臆することなく自分をさらけ出していました。

それもまた、すごいことです。
私にはできないかも、と思いました。

長岡さんは、大学生の時に日本のあちこちに当時出来始めていた「フリースクール」や「子どもの居場所」を訪問して歩いたそうです。
その時、それらの施設のありように「違和感しか感じなかった」そうです。

なぜかというと、「あなたはそのままでいいのよ。」というスタンスで接するのですが、「そのままでいたら、社会で生きていく力は育たない」と思ったからだそうです。

だから、サムガクでは「社会で生きていける力を育てる」ことに重点を置いているのだそうです。

スタッフも「教員免許のある人は雇わない」そうです。
でも、見ていてみなさん、「普通の社会人」として生徒に接しています。
これも結構大事なこと、だと思います。

いろんな意味で個性的なこの学校。
でも、いい仕事していますね!


プロフィール

poco a poco

Author:poco a poco
加賀瀬みどりです。愛知県出身の60歳です。上田に家を建てて20年近く。高校の講師を19年間続けてきました。2015年7月より上田市内で「子育てカウンセリングルーム」を開設しました。自分の家族の体験から栄養の大切さに気づき、「栄養療法」の勉強を続けてきました。この勉強はかれこれ9年になります。今までの考え方を覆すような驚きの連続でした。勉強したことを生かして、子育てに悩むお母さんがたの手助けをしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
来室数
あなたは
検索フォーム
QRコード
QR
参考リンク
参考図書
おすすめ商品