FC2ブログ

糖尿病の治療に思うこと その2

前回の糖尿病の治療についての疑問をもう少し考えてみました。

私のところにみえた方が「和菓子はいいんですよね?」と言われた理由はきっと「カロリーの高いものを避ける」という教え方をしたからかもしれません。

うちの夫も12年くらい前に「教育入院」をしました。その時に管理栄養士さんに「カロリーを制限することが大事です。」という指導を受けました。
動物性タンパク質の食品(肉や魚、卵など)はカロリーが高いので、できるだけ減らさないといけません。
魚も肉もほんとに悲しくなるほど小さな切り身を一切れくらいでした。
それなのにご飯は普通に150グラムくらいOKでした。
あとは野菜で空腹を紛らわすのですが、しょせん野菜ですからすぐにお腹が空いてしまいます。

それで一生懸命やったのですが、努力の割には数値は改善しませんでした。
これはもう、ストレスでしかなかったです。
子どもの病気をきっかけに、糖質制限を始めたら、肉や魚や卵をいっぱい食べることができるので、精神的にとても楽になりました。
しかも、ヘモグロビンA1cは着実に下がりました。

あれ、これはどういうことでしょう?
今まで受けた指導はなんだったんでしょう?

残念ながら今も多くのお医者さんや栄養士さんは「カロリー制限」の立場をとってみえます。
それは「学校でそういうふうに指導するように、と習ったから」という理由によるのです。

そして糖尿病が改善しないと、「この患者さんは指導されたようにやらないからダメなんだ」という考え方になってしまうのではないでしょうか。

確かにカロリー制限で体重が減ることでインスリン抵抗性(インスリンが出ていても効きが悪い)が改善する患者さんもいます。
ところが、うちの夫のように「やせているのに糖尿病になる」というタイプの人には効果があまりありません。
一生懸命、言われたとおりにカロリーを減らして、ガリガリに痩せて、でも改善しないという人がけっこういるのです。

また、前回書いたように、勘違いしてお饅頭などのお菓子を食べたり、ご飯をしっかり食べたりして、糖尿病を悪化させてしまう人もまたたくさんいらっしゃいます。

私がお会いした糖尿人はそう多くはありませんが、皆さん「血糖値があっという間に下がる」「先生からもう来なくていいと言われた」といった驚きの改善をしてみえます。

この方たちから、常識を疑ってみること、実際にやってみて検証すること、その大切さを教えてもらったと思います。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

poco a poco

Author:poco a poco
加賀瀬みどりです。愛知県出身の60歳です。上田に家を建てて20年近く。高校の講師を19年間続けてきました。2015年7月より上田市内で「子育てカウンセリングルーム」を開設しました。自分の家族の体験から栄養の大切さに気づき、「栄養療法」の勉強を続けてきました。この勉強はかれこれ9年になります。今までの考え方を覆すような驚きの連続でした。勉強したことを生かして、子育てに悩むお母さんがたの手助けをしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
来室数
あなたは
検索フォーム
QRコード
QR
参考リンク
参考図書
おすすめ商品