FC2ブログ

講演会「弁当の日がやってきた」

今日は私が加入している生協が主催している講演会のお手伝いに行きました。

「弁当の日がやってきた」というタイトルで、元小学校校長の竹下和男先生のお話を聞きました。

正直に言いますと、「人数が足りないから地区委員は参加してください」「お手伝いも足りないからついでに受付もお願い」ということで参加したので、「なんで行かなきゃいけないの?」という気分も少しありました。

ところが、これがなかなか良かったのです。

子どもたちが自分で献立を考えて、買い物も自分でして、お弁当を作る。親は手伝ってはいけない。

これだけの実践なのです。

だから私は、お弁当作りの実践報告なのかな、と思っていたのですが、もっと深い内容でした。

運動会で家からお弁当を持たせることに反対する親がいる。
「お弁当を持たせられない家があるのが、かわいそうだ」という言い分だそうです。
でも、実際は「自分がお弁当を作るのがめんどくさい」
竹下先生が「弁当の日」をやるとPTAに告げると「ええーーーーーー」(不満の声)
だって、子どもにやらせたら自分の手間が増えるからやっかいだ。

こんなふうな親に育ってしまったのはなぜか?
勉強だけしていればいい、勉強していい学校に入って、いい暮らしをしてほしい、という考え方で育てられた子どもが親になると、「自分の都合しか考えない人間に育つ」

親は自分の子どもが、どういう人間に育ってほしいかを考えて子育てしなくてはいけない。というのが竹下先生の考えです。

「はなちゃんの味噌汁」という本が話題になりました。
癌で死んでいく運命のお母さんは、残された時間のうちに、娘に何を残せるか必死になって考えました。
そして、5歳の娘にご飯の炊き方と味噌汁の作り方を教え込みました。

「もしも、はなちゃんのお母さんが、そういう状況にならなければ、子どもに必死で教えることはなかったと思います」

子どもを台所に入れて料理をさせることは確かにめんどくさい。自分でやったほうが早いし楽だ。
でも、「こういうことができてほしい」と思って心がけることで、子どもは自分の人生を作っていけるようになる。

自分の作った料理を家族が喜んで食べてくれたという経験は、「料理は楽しい」「自分は人のために何かできる」という喜びを育てる。
だからお母さん自身が、いやいや料理をするのではなく、楽しみながら料理をして、子どもに伝えることが大切です。

簡単にいうと、そんな内容の講演会でした。

このごろでは、「子ども食堂」がブームで、家でご飯が食べられない家庭の子どものために、という善意から食堂を開かれている方も多いそうですが、竹下先生は「それもどうかと思う」と言われました。
あそこへいけば安い値段でご飯が食べられる、と親子でやってくることも多いそうです。
楽ができるから、安くご飯にありつけるから。
それは違うでしょ、と言われました。

確かにそうだなあ、と思います。
私が相談に乗っている方々は「自分や子どもに必要な食事は自分で作るしかない」という方が多いと思います。
糖質制限、グルテンフリー、カゼインフリー、アレルギー除去食・・・。

それこそ、「ええーーーーーー」という世界です。
でも、自分の食事を他人まかせにする訳にはいかないんですね。

いつもそういうお母さんがたと「押したり引いたり」をしている私としては、竹下先生という強い味方を得た気がしました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

poco a poco

Author:poco a poco
加賀瀬みどりです。愛知県出身の60歳です。上田に家を建てて20年近く。高校の講師を19年間続けてきました。2015年7月より上田市内で「子育てカウンセリングルーム」を開設しました。自分の家族の体験から栄養の大切さに気づき、「栄養療法」の勉強を続けてきました。この勉強はかれこれ9年になります。今までの考え方を覆すような驚きの連続でした。勉強したことを生かして、子育てに悩むお母さんがたの手助けをしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
来室数
あなたは
検索フォーム
QRコード
QR
参考リンク
参考図書
おすすめ商品