FC2ブログ

ウインブルドンにハマった話

なんとなく見始めたテニスのウインブルドン大会でした。
錦織君が負けたら見るのを止めようと思っていたのですが、それからが面白くて、結局決勝戦まで見てしまいました(^-^)/。

決勝戦はロジャー・フェデラーVSノバク・ジョコビッチでした。

ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、すごーい試合でした!

もうじき38歳になるというフェデラーと、今一番の実力者のジョコビッチ。
どちらも一歩も引かぬ、手に汗握る戦いでした。

一方が1点入れれば、すぐに相手も1点いれる。デュースに次ぐデュースで、1セット終わるのに1時間半かかる、大変な試合でした。

夜の10時から開始だったので、12時頃には決着するかと思っていたのですが、なんと午前3時まで5時間に及ぶ試合でした。

ジョコビッチは以前に本を紹介しましたが、小麦と乳製品の除去によって、トップに昇りつめました。
(『ジョコビッチの生まれ変わる食事』)
本によれば、本当にすごい努力家で、修行僧のような生活をしています。
本人の試合を見てもそれがよく分かりました。
弱点が無いんですね。
どこを攻められても攻め込まれない、しかも鋼のメンタルです。
じわりじわりと溶岩流のような熱を感じさせる選手です。

一方のフェデラーは天才肌の選手です。
「神の申し子」と言われるくらいのひらめきと強運の持ち主です。
フェデラーの試合は見ていて面白いですね!
そうきたかっ!て思わず唸ってしまう上手さです。
だからフェデラーの方が絶対人気があります。
しかも37歳なのに、まだまだ進化している。

結局試合は2点差で(2点取らないとダメだから)ジョコビッチが勝ったのですが、
最後は二人ともヨレヨレで、ジョコビッチは足がもつれて転んでました。
フェデラーも気力だけでプレーしていたと思います。
素晴らしいコントロールを誇る返球がフワッと浮いてましたから。

試合を見ていて思いました。
テニスって個人競技で、しかも試合が始まればコーチの助言は受けられません。
一人で決めて、失敗も一人で受けて、心の立て直しも一人でやって。
厳しいものですね・・。

その一方で、彼らの姿にすごく励まされた私がいました。
もう少し頑張ろう!まだまだいけるぜ、私。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

poco a poco

Author:poco a poco
加賀瀬みどりです。愛知県出身の60歳です。上田に家を建てて20年近く。高校の講師を19年間続けてきました。2015年7月より上田市内で「子育てカウンセリングルーム」を開設しました。自分の家族の体験から栄養の大切さに気づき、「栄養療法」の勉強を続けてきました。この勉強はかれこれ9年になります。今までの考え方を覆すような驚きの連続でした。勉強したことを生かして、子育てに悩むお母さんがたの手助けをしたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
来室数
あなたは
検索フォーム
QRコード
QR
参考リンク
参考図書
おすすめ商品